LINEで送る
Pocket

皆様!こんにちは!
晩秋、いかがお過ごしでしょうか?
まごのてはみんな元気で訪問に行っています!

そんな中、介護業界では今後の人材不足の為どのような行動を取ったらよいのか?

また、介護事業所はどの様なビジョンを描いたらよいのか?介護業を通じこれからの

介護保険・障害者総合支援法を考察しております。

これからの介護業界について国会では将来の介護従事者の就業人数を憂い

「外国人技能実習制度」を検討しているそうです。

我々も上記制度が可決される前に(一応される可決見込みのようです)現場を見るべく

外国での実習状況の視察を言った参りました。


ツアー名
タイ医療・介護学校視察ツアー

主 催
フレンズ共同組合

日 程
2014年11月3日?6日

場 所
タイ=バンコク・チェンライにある医療・介護学校及びタイ政府認定・人材送出し機関(日本語学校等)

まごのてグループ参加者
会長 植野
まごのて東山所長 井藤
まごのてグループ協力事業所 さくらケア 会長 荒井(3名 敬称略)

 

現地では色々な教育方法や医療介護に対する姿勢等、細かく拝見していました。

皆さん、日本への期待と介護医療に対する思いが顕著に見受けられました。

今後の日本の医療介護を支える存在になっていただきたいと考えます。

まごのてグループ 広報部
白澤研二