LINEで送る
Pocket

おかげさまで、我が子は順調に成長し3週間が過ぎました。生活のリズムは子供中心になりましたね(^^;)ただ、このまま今までの習慣を続けていては心や体にひずみが生じてしまうのは目に見えているため、いくつか決まり事を作ることにしました。

1つ目は、炭水化物をカットし食事量を減らすこと。子育てによる体力消耗と睡眠不足を補うために余分なカロリーを減らして、体内の消化酵素を代謝酵素に変換して効率的に体力回復できる身体にシフトチェンジをしていきます。ただ日常生活を行うだけであれば、食生活を見直す必要はないのですが、ボクシングを続けるとなると身体の構成要素を作り変えなくてはなりません。今年の5月にはまた試合に出ることを目標にしているので、頑張ります!

2つ目は、インプットを増やすこと。子供が寝ている時や、料理をしている時などの隙間時間を使って、脳へのインプットを増やす。いつもは外に出て人と会ったり、カフェで新しいプランを考えたりと、エネルギーを『外』に向けて使っていました。しかし、子育ての間はどんどん本を読んで、動画を見て、とインプットに集中していこうと思います。最近はYoutubeでも素晴らしい学びのコンテンツがたくさんあり本当に勉強になりますね、ありがたいことです。

3つ目は、育児&家事をプライオリティのトップに置くことです。ありがたいことに、2月&3月は比較的仕事が緩やかであるため、育児&家事にエネルギーを注ぐことが出来ます。子供の成長にとっても、親としての自分の成長にとっても、『今』子育てに集中することは長く人生を俯瞰した時に、とても重要なことだと思います。子供の成長はあっという間だそうですから、そこにしっかりと関わって、お互いの成長を見届けていきたいと思います。

さて、手前味噌で恐縮ですがやっぱり私の育児&家事のスキルは高いなと自負しております。自分で自分のことを褒められるのが、私の良いところです(笑)

なぜ、育児&家事のスキルが高いかというと、昔読んでいた漫画が強く影響しています。漫画大好きの私には、憧れのヒーローが2人います。1人目は、『課長 島耕作』の主人公、島耕作です。”島耕作のようにビジネスのプロになって世界を飛び回りたい!!” これが原点となって大学を卒業してからすぐに海外に出ました。まだ島耕作のように海外をビジネスで飛び回れるようにはなっていませんが、着実に準備はしています!

2人目は、『ツヨシしっかりしなさい』の主人公、井川強です。あまり馴染みがないかもしれませんが、1992年には日曜午後6時からアニメ放送されていて『ちびまるこちゃん』の登場まで、けっこう有名だったと思います。その井川 強にとても憧れていました。

では、井川 強とは?ウェキペディアによると、

本作の主人公。通称「ツヨシ」。誕生日:12月24日、血液型はA型。住所は東京都練馬区東大泉2-3-4。周囲から「スポーツだけは得意な馬鹿」と思われているが、実際は「勉強だけできない」万能人間であり、家事全般からスポーツ、日曜大工、桜の木の剪定や大道芸に至るまで様々な「その道の達人」達をうならせる腕を持つ。家事全般をこなした父が単身赴任で不在な為に、家事が出来ない井川家の女性陣に代わりしぶしぶ家事全般を引き受ける事となり、彼女たちから理不尽な仕打ちや体罰を受ける事が多い。(続く)

学校の勉強はできないが、スポーツ万能、炊事洗濯アイロンがけ、そして日曜大工に至るすべてをパーフェクトにこなす、ツヨシの驚くべき汎用性の高さに、毎度驚かされ、強い憧れをいただいていました。(私もツヨシみたいに、どこへいっても、どんな状況でも役に立てる人間になりたい)そう強く望んでいました。

あれから約20年が経ちました。ツヨシと同じように、学校の勉強は全然ダメでしたね、よく大学を卒業できたかと思います(笑)。しかし、ツヨシのようにスポーツ万能には程遠いですが、40歳手前であってもそこそこ機敏に動ける体は手に入れました。また、介護現場や様々な仕事を通して鍛えられた、家事やマッサージなどのスキル(日曜大工はまるっきりダメですが)は人並み以上です。そう考えてみると、そこそこ憧れのツヨシに近づいたのでは、と昔を思い返しています(笑)

奥さんがいて、メイドさんがいての生活では、全く家事をする必要がなかったのですが、こうやって子供が生まれたおかげでまた家事に関わることが出来ました。これも貴重な体験だと思います。しばらくは、『島耕作』はおいといて、家事最強の『井川ツヨシ』を目指していきます^^