LINEで送る
Pocket

フィリピン、マニラのロックダウンは6月1日より緩和され、徐々に人通りも増えてきました。と言っても、私の住むマカティ市はビジネスエリアなのですが、出勤している人の数は普段の1/4以下程度になります。庶民の足であるジプニーやトライシクルはまだ運行が認められていないため多くのフィリピン人が出勤できないのです。また、ここ2~3年で急増化した中国人もぜんぜんいません。彼らは旧正月に中国に戻ったものの、その間にコロナが発生してそのままフィリピンに戻ってこられずにいます。中国人だけでなく、ロックダウンが始まるということで帰国した日本人を始め、世界中の駐在員もフィリピンに戻ってこられません。今後は、さらに規制が緩和されてワーキングビザを持っている外国人は入国できるようになるかと思いますが、多少時間がかかるかもしれませんね。

さて、フィリピンは世界最長のロックダウン実施国にもかかわらず、相変わらず感染者が増え続けています。検査する人の母数が増えれば感染者も増えるのは当然なのですが、そのため、政府も引き続き〝ステイホーム〟を呼び掛けています。バロンガイ(日本でいう町内会のような感じ)単位では、〝ステイホーム〟を促すための様々な取り組みがあるようです。会社専属ドライバーの話では、カビテ州のあるバロンガイでは〝一番ステイホームを長くした人には豚の丸焼きをプレゼントする〟というキャンペーンもあるようです。豚の丸焼きでステイホームを促進するとは、さすがゲーム好きのフィリピンですね(笑)

 

フィリピンの経済成長率は、コロナの影響で今年はマイナスになりそうですが、来年からはまた急激に伸びていく予想が出ています。しばし、経済のお休み期間ということで、もう少し気長にロックダウンが解除されるのも待ちます。