LINEで送る
Pocket

フィリピン、マニラのロックダウンは5月31日まで延長になりました。多少は緩和されて、ジョギングは認められるようになりました。マスクを着けて、ソーシャルディスタンスを保ってのジョギングですが、外を自由に走れるのは喜びですね。当たり前の日常に感謝できるようになってきました。
 
さて、新しい在留資格、介護分野特定技能の介護試験について、厚労省から6月7月の試験開催のアナウンスが出ました。フィリピンマニラでは、6月は3回、7月は12回とコロナ以前の実施頻度に戻りました。
 
私の想定では試験再開は、フィリピンの小中高校などが再開される8月以降かなと思っていましたが、ずいぶん早かったです。それだけ、外国人介護人材を受け入れたいという日本国の強い意思なのかもしれませんね。
 
しかし、フィリピンでは試験に合格しても、フィリピンの非常事態宣言中には介護士を含むヘルスケアワーカーの出国は認められないと法律が出来てしまったようです。フィリピン政府としては、国内で病院勤務の看護師や介護士が足りない中、なぜ海外に働きに行くのか?という想いがあるのかもしれません。
 
日本の思惑とフィリピンの思惑の齟齬をどう調整してくか、私の力が及ばない問題ですので、この件は早期解決を祈るのみです。
 
しかし、フィリピン政府の思惑とは裏腹に、すでに試験に合格し来日が決まっているフィリピン人介護士の皆さんが、病院で働くかというとそうはならないようです。給料が安いのが一番の理由ですが、病院でコロナに感染してしまうかもしれないという恐れもあるのかもしれません。結局家にいるのだったら、早く法律を改正してヘルスケアワーカーの海外就労を認めてもらいたいですね。そんな中新たなる課題?が出てきました。
 
なんと、試験合格し自宅待機をしていたフィリピン人の一人が妊娠しました。来日は出産後にして欲しいとの要望があったようです。
フィリピンではこの2ヵ月に及ぶロックダウンの間にベビーブームが起こると、すでに専門家が調査をしているようです。ただでさえ、子だくさんのフィリピンが来年以降さらに子供が増えそうです^^これはいいことかもしれませんね。
 
なので、フィリピン政府には、早くヘルスケアワーカーの海外就労を認めてもらいたいです🙏病院で働くようになるのではなく、出産で病院にお世話になる人が増えてしまいますので(笑)