LINEで送る
Pocket

皆様こんにちは。
デイサービスまごのて西陣、生活相談員の山口です。

半年間の練習を経て挑んだ初の京都マラソン。
皆様のエールを受け、無事に完走する事ができました。
目標としていた4時間台でのゴールも達成し、感無量であります。

前日は緊張からか、なかなかな寝付けなかったのですが、当日の朝は気持ちよく目覚める事ができました。

会場に到着してからも「まごのてグループ」のランナーと和気あいあいと過ごし、リラックスした状態でスタートを迎える事ができました。

前半の20キロは足切りタイムを意識しながらも景色を楽しみ、京都の街中を気持ちよく走る事ができました。

途中、友人やその子供達、職場の方等が沿道から声援を送ってくださり、完走に向けての大切なパワーを頂きました。本当に有難かったです。

その後、噂には聞いていましたが、30キロ以降が本当に大変でした(笑)
この辺りから歩き出す方、足が攣って座り込む方が増えてきました。

私自身も太腿や膝に違和感を覚えはじめ、不安が脳裏を過りましたが、完走(歩かない事)も目標の一つにしていたので、気持ちでなんとか足を前に運びました。

そして今回もっとも苦しかったのが、残り3キロで迎えた京都大学前の登り坂。
「ここにきてこれを突き付けるかね?」と、京都マラソンのコースを恨みました(笑)

何度も何度も「歩こう」という邪な気持ちと格闘を繰り返しながら、、、でもそんな時に足を止めずにいれたのは、やっぱり一人ではなかったからです。

沿道に駆け付けてくれた方、メッセージを送ってくれた方、職場の利用者様や職員さん、応援して下さっている皆さんの顔が次々と浮かび、遠くから背中を押してくれました。

ラストはまさに気力でのゴールとなり、直後は頭が真っ白で30分程動けずにいました。
それでもジワジワと達成感が湧いてきて、同時に安堵を覚えました。
今回ばかりは「全てを出し切った」と、胸を張って言えます(笑)

色々な人に支えられ駆け抜けた京都マラソン。
この貴重な経験は、今後も様々な場面で活かされる事と思います。

改めて、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

そして、共に戦って下さった「まごのてグループ」のランナー、ボランティアの方々にも、尽きない感謝と敬意を。


ここからは広報担当マゴリエからのご報告です。
そして後日・・山口さんの勇姿に感動した我々、ねぎらいと喜びを分かち合いたく立ち上がりました。
『山口さんの完走を祝う会』でご利用者と一緒にサプライズ祝勝会です。
表彰式に記念カップ贈呈、副賞は最近はまっていると聞いた鯖缶(笑)
所長お手製のケーキもあり!!
42キロも走ったと聞いて、皆様のびっくりされたこと。それ以上に驚いていたのは山口さんかな?

非日常を味わう事で刺激を受け、それぞれの場で頑張る元気を頂きました。
本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。