LINEで送る
Pocket

藤原和博が教える「100万人に1人」の存在になるAI時代の働き方~こちらの動画は必見です!(^^)!。

私は大学を卒業してからほとんどずっと海外で働いていて、仕事も経済的な基盤もすべて不安定の中で生きてきました。よく自分の状態を【浮き草稼業】と表現していましたよ(笑)。いつ何が起きても、自分の力で何とかしなくてはならない。そんな浮き草的な存在にとって、常に考えていなければいけないことは、『どうやったら自分の価値を高めることができるのか』です。浮き草は水の上をぷかぷかと浮いています。どこに行くかはわからない、風任せですね。逆に言えば、どこにいっても通用する価値を提供しなくては生きてはいけません。それが、しっかりと大地に根を生やして基盤を作らなかった代償でもあります。

少し前の世の中で言えば、大企業に勤める、公務員になる、安定した仕事に就く、くいっぱぐれのない資格を取得するなどが、大地に根を張るという言う意味に当たりますね。根を生やしたところで価値を提供すれば、その根が育ち【木】に成長していきます。根っこが不安定の時期は周りの木が助けてくれます。その寄りかかる木が大きければ大きいほど安定しますね。

ところが、いつの間にか世の中のトレンドが変わってきていて、大企業に勤めていても、資格を持っていても、不安定になってきているようです。世の中の流れが、大樹を根こそぎ倒していっている感じでしょうか。寄らば大樹の陰の【大樹】が倒れてしまうのだから、大変な世の中になってきましたね。

(20世紀と21世紀では社会が大きく変わってきました)

 

とはいえ、浮き草的な存在である私は、これからの大変な世の中を歓迎しています。なぜならば、『どうやったら自分の価値を高められるか』をいつも考えてきたからです。その価値の高め方について、とても上手に論理的に説明してくれているのが、こちら藤原和博さんの動画です。

要点をお伝えすると、この不安定の世の中を渡っていくには、自分の【希少性】を高めることが大切であるとのことです。希少性を高める方法として、100人に1人の専門性を身に付けること、その専門性を3つ掛け合わすことで、100万人に1人の存在になれるとのことです。例えば、藤原さんの場合、リクルートで【営業&プレゼン】の専門性を身に付けて100人に1人になりました。次に、リクルート式の【マネジメント】を身に付けて、100人に1人×100人に1人で1万人に1人の希少性を身に付けました。そして、次の専門性は、今までとは明らかに異なる、【教育】に軸を置いて身に付けたため、非常に高い希少性を持つことが出来たようです。ビジネスと教育ですからずいぶんと異なる領域ですよね。そのチャレンジが高い希少性を生み出すことに繋がったようです。ちなみに100人に1人の専門性を身に付けるには、通常1万時間を費やせばよいようです。

 

私の場合、大学時代から【社会福祉&介護】に1万時間以上を費やしています。これが一つ目の専門性になります。二つ目の専門性は、フィリピン企業の不動産会社で勤めることで、【営業&企画&プレゼン】を身に付けました。今年で勤めはじめて8年目になりますので、1万時間以上は費やしています。そして、次の専門性をどこに置くか、この時にチャレンジが必要になります。例えば、【介護】【ケアマネージャー】で2つの専門性を持っていて、次に【リハビリ】や【看護】に専門性を置いたとしても、高い希少性は得られませんね、なぜならば他にも同じことをしている人がたくさんいるからです。次の一歩は今までとかけ離れていればいるほど希少性が高まります。

そうやって考えてみると、私の場合は2つ目の専門性のところで、フィリピン、つまり海外にも出てきていて、2と3を同時に踏み出したような感じです。それで自分の希少性を高めるためにどうしたらよいかを考えた結果、【グローバル人材】を自分の強みにしようと思い、自らを『グローバル介護士』と名乗り、それに関連するサービスを作ってきました。そのうちの一つが、『グローバル介護士育成プログラム』です。では【グローバル人材】を専門性として高めていくにはどうしたらよいか、1つ目が多様性の理解と異文化コミュニケーション、2つ目が、自分で考えて課題を解決すること、だと思います。簡単に言うと、英語でのコミュニケーション能力とオーナーマインドですね。どちらもさらなるチャレンジが必要になります。

介護業界は、すぐにAIに取って代わるような業界ではないですが、別の専門性を身に付けることで、自分の希少性を高め、活躍の場を広げることができるのではないかと思います。藤原和博さんのお話はそんなことを考えるきっかけになりますので是非見てみてください。今はこのような素晴らしい学びをタダで簡単に手に入るのですから、ありがたいですね!!介護業界でもどんどん自分の希少性を高めて、どんどん新しい価値を提供していきましょう~!!